2015年06月28日

情報商材との出会いは、あの「mixiで93万円」でした

いとこの結婚式に出席していた今日、
何げに思い出したことがありました。

「最初に出会った情報商材って何だったんだろう?」

もしかしたら、その当時に、
このブログで記事にしていたかもしれません。

あれはまだ、コンビニ店長だったある日。

常連だった、近所の寿司屋の大将が、
Loppi(ロッピー)の前で頭を抱えていました。

「そろそろ、来るかな・・」と思っていたら
案の定、
「兄ちゃん、これ、どうやってやるんや?」

どうやらネットで買物をして
料金をロッピーで支払わないといけないらしく、
申込番号を書いた紙を片手に、悩んでいたようでした。

「あー、これはこうして・・」

ちょこちょこと説明したら
無事、申込券を持ってレジに。

レジを通したとき、
値段を見てびっくりしました。

15,800円?

プリンタから出てきた控えを渡すと、

大将「兄ちゃん、これ、どう思う?儲かると思うけ?」

私「え?何ですか、それ?」

大将「いや、ネットで見つけたんだけど、、、」

聞くところによると、
mixiで誰でも簡単に月93万円を稼げるとのこと。

「いやいや、そんなバカな・・」と思いつつも、
奴隷みたいなコンビニ店長から抜け出したい気持ちもあり、
家に帰って、ネットで調べてみたのでした。

あっさり、内容が出てきました・・

「ミクシイであしあと付けて、
 見に来た人にこの商材を売れ。」

こんな内容だった気がします。

大将、これにあんな金額を出しちゃったんだ・・


とは言え、
「こんな世界もあるんだ」と
気づかせてくれたのは、この商材。

正式名称
『mixiで月収93万円の不労所得を得た男』(石田和善)


「簡単に儲かるよー」ってストーリーで釣って、
情報弱者を騙くらかす手法に、
その後、次々と引っかかっていった取っ掛かりでした。。

今でこそ、
多少のお金をネットから稼げるようになりましたが、
勉強代は高くついたなぁ、と。

おめでたい席で、しみじみ思ったのでした。。。
posted by 元・我侭店長 at 20:16
| Comment(1) | アフィリエイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。