2012年07月31日

楽天とkobo、そして、コンビニ

楽天の「kobo」問題、ご存知ですか?

既にニュースや新聞でも取り上げられてますし、
詳細は省くとして・・・

まぁ、酷い話ですね。

機能的な欠陥は言うに及ばず

自己都合でのレビュー削除って、
どういうことなんでしょう?

悪評ばかり書き込まれたからレビュー削除って、、、
そりゃあ、他の出店店舗は怒りますよ。


更に、三木谷社長のコメント(?)

「騒いでるのはごく一部で、概ね満足している」

購入者をバカにしてますね、はい。

本音でしょうけど、
公の場で言っちゃダメです。


「日本語アカウントなんて・・・」

勉強しといて下さい、常識です。

ウインドウズを使う使わないは自由ですけど、
日本でのシェアぐらいは把握しておいて欲しいです。


なんか、セブンの値引き裁判と似てますよね。

殿様のやりたい放題というか。。。

正直、コンビニも楽天も、
本部の力が強すぎるんです。

常に、本部の一人勝ち。

こんなシステムが、
こんなに長く続いてるのが、
ものすごく不思議なんですけど、
これもひとえに、
前の記事で書いた、
日本人の気質のおかげなんでしょうね。

腹黒い人間が、そこに乗っかって儲けてる。

イヤですね〜


さて、楽天で思い出したことがあります。

あるマーケターの方が、
楽天における『80:20の法則』について話していました。

「楽天に出店して、何もしないと、売上は20%だけ。キャンペーンやオークションを積極的に展開して、顧客リストを集め、そこに販促メールを打つことで、売上は80%アップして、何もしないときの5倍になる。」

これ、楽天の人が、新規出店オーナーに教えてる内容だそうです。


えーっと、
顧客リストって、
店舗は自由に使えませんよね?

楽天に出店しているお店で購入したお客さんは、
楽天市場のお客さんであって、
出店者には、自由に販促メールを打つ権利は与えられませんよね?


このお話、本当だとしたら、
とんだ詐欺師ですよね。


コンビニと楽天、
新浪社長と三木谷社長

夢を抱えて集まってきた人のこと、
もっと真剣に考えて欲しいと、心から願います。
posted by 元・我侭店長 at 23:12
| Comment(0) | TrackBack(0) | コンビニ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/284094822
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。