2005年05月20日

新日・東京ドーム

もう1週間前の話になりますが、新日本の東京ドーム大会が行われたようです。

私の場合、ネット上のスポーツ新聞で速報をチェックし、気になったら週刊ゴングを読んでいる程度です、今は。

そう、この大会もさほど興味はなかったので、ネット上で速報をチェックしました。

「あぁ、やっぱり小島は負けたんだな」
「村上、柴田が来たのか」
「高阪も負けちゃったな」
「ジュニアのタッグが移動したのか」

その程度の感想でした。


後日、ちょうど、週刊ゴングの発売日に雑誌を並べていたので、なにげに表紙を見ると、山本宜久まで来ていたことを知り、ちょっと興味が湧きました。

仕事が終わるのを待って、記事を読んでみると・・・

うーん、高阪は永田を認めて、山本は永田に喧嘩を売っている・・・

だいたい、なんで山本が出てきたんだろう?


先日の、永田、中西、カシン、藤田のユニットにしてもそうですが、今、誰と誰が敵対しているのかよくわかりません。

どういった勢力図になっているんでしょう?


最近のプロレスは、特に新日本は、何がどうなっているのか、把握するだけでも一苦労です。

全日本も、だんだん、それに近くなっているような・・・
posted by 元・我侭店長 at 09:28
| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


上井サン!プロレス、もっとオモロしてぇなぁ
Excerpt: 小生、個人的に上井文彦さんってムッチャ好きなんです。 新日の大会が近く(京滋エリア)である時はチョクチョク観に行くのですが ノーテレビのローカル会場であるにも関わらず、上井執行役員(当時)がい..
Weblog: 脳天砕記 〜のうてんくだき〜
Tracked: 2005-05-20 16:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。