2005年05月28日

新日本社長交代

新日本プロレスの社長が、交代したそうで。

後任は、アントニオ猪木の義理の息子さん。


草間社長は1年ぐらいですか。

就任当初は露出も多く、話題を提供してくれましたが、短命でしたね。

経営の健全化は果たせたんでしょうか?

その辺の実績を残してくれたのなら、良かったと思います。


この1年を振り返ってみると、なんとなく焦点が定まらないまま、ダラダラと流れていってしまった印象があります。

誰かが言っていた「闘い」は、感じられませんでした。

興味が湧いた出来事も、1つか2つ・・・数えるほどしかありませんでした。


新社長は、大物外国人選手を獲得して、日本人対外国人の図式を打ち出していきたいようですが、あれだけの大所帯で、どこまで実現できるか・・・

余った選手は、どうなるんでしょう?

2チーム制にするんでしょうか?

しばらくは、注目しようと思います。


また、同時に、蝶野が現場責任者に復帰したようで。

もっと、自由に動いて欲しかったんですが、コチラもどうなるんでしょう。


新社長には、ホントに『世界一』を目指して頑張って欲しいと思います。


相変わらず、敬称略で申し訳ありません。
posted by 元・我侭店長 at 04:57
| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3958501
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。